2005年12月08日

孔雀の舌:カルボナーラ@人形町

ネット上で賛否両論のお店へ。

店先と店内には、「東京ウォーカー」で取り上げられた生パスタ専門店の記事が張られていた。

事前情報により、迷うことなく「カルボナーラ」を注文。
量は多いとのことだったので、普通盛り。

お水はレモン風味。

「生スパゲッティ専門店」なだけにもっちり感が◎、という記事もあったが、その一方で茹で過ぎという記事もかなりたくさんあった。

まずはガーリックトースト。
ガーリックトースト_01.jpg
外はサクッ!
中はふわっ!
ガーリックトースト_02.jpg
美味しい。

カルボナーラは見た目からしてアルデンテを過ぎているようだ。
カルボナーラ_01.jpg
たっぷりのマッシュルームとベーコン。
青葱と大葉ものっている。
カルボナーラ_02.jpg
パスタを口に入れると、やはりアルデンテではない。
カルボナーラにしては、スープスパゲティっぽいソースだ。
ベーコンもカリカリ系ではなく、柔らかい。

大葉はなかなかいいアクセント。

カルボナーラソースは、玉子に若干火が通り過ぎ。
ソース自体の味は、にんにくがしっかりと効いていて、まずまず。

うーむ。





孔雀の舌@人形町
カルボナーラ:¥850




いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。