2008年09月27日

ナプレ:マルゲリータ・ブーファラ@六本木

ちょうど一年振りの再訪。
前回は予め予約をしてのディナー利用であったが、ランチは予約不可。
11時の開店に合わせてシャッターの前に並び、しばし待つ。
周囲には、目的が同じであろう人達が10名以上。

11時5分前にはシャッターが開き、手を広げてじっと構える警備員がお二方。

そして11時…ダッシュでお店の入口を目指す方が3名ほど。
私はスタスタと歩いて4番目に到着。
この時点で案内待ちが20人以上。

席に着くやいなや、写真付きのメニューが目に留まる。
イタリアのピッツァ大会で、こちらのピッツァイオーロが優勝されたのは存じ上げているが、それを大々的にメニューに載せなくても…ま、そこは人それぞれか。

さて、メニュー内容には迷うことなく、ピッツァが含まれている Pranzo B をマルゲリータ(オプションでブーファラ)でオーダー。

程なくして、パンが運ばれて来たので、すかさずオリーヴオイルを所望する。
こちらはサルヴァトーレ@中目黒と同系列のため、あることが予想されたが、敢えてそのままにしてみた。

予想通り、オリーヴオイルの器にはバルサミコ酢、塩胡椒が加えられていたが、気にしないことにした・笑

パンは以前サルヴァトーレでいただいたものと同じような感じののもので、薄くスライスされたフォカッチャかな。

続いてサラダ。
ナプレ_サラダ.jpg
具材はレタス、トマト、ニンジン、トウモロコシで、調味料は、粗挽き黒胡椒とビネガーがしっかりと効いたドレッシング(ワインビネガーそのまま?)。
この酸味が苦手な人はいるかもしれない。

さて、いよいよナポリピッツァの登場。
080925_111443.jpg<
サイズは直径30cmくらいで、日本で、かつランチタイムとしては大きなサイズであろう。
形は少し楕円形に近く、ナポリのダ・ミケーレでいただいたものを思い出した。

薪窯独特の香ばしさと、イタリア国旗の三色カラーの鮮やかさに、一気に食欲が増す。

いつも通り、まずは素手でコルニチョーネ(縁)をちぎり、生地自体を楽しむ。
私の主観的な感覚としては、焼き具合が強い部類に入る硬さ。
噛むと当然そのパリっとした香ばしさにも、一本、筋が通っている感じ。
しかし、中はふっくらもっちりの食感で生地の弾力はかなりのもの。

ブーファラ(水牛)のモッツァレッラは、噛み応えがあり、よくよく噛んでいると、そのジューシーさと共に濃厚なミルクの味わいがやってくる。

トマトソースのほどよい甘味と酸味、そしてバジルの風味もそれなりに感じるのだが、個人的にはやはり生地とモッツァレッラチーズが主役、といった感じ。

食後はエスプレッソをいただく。
温度は低めだ。
ナプレ_エスプレッソ.jpg

さて、こちらのランチ、空腹は十分に満たされ得るボリュームであるが、ここは「東京ミッドタウン」、まだもう一仕事、いやもう一食残っている。

つづく




Pizzeria Trattoria Napule Tokyo Midtown@六本木
ピッツェリア トラットリア ナプレ 東京ミッドタウン店
マルゲリータ・レジーナ協会認定
Pranzo B「Margherita」:¥1,600-
Mozzarella Buffala:+¥500-

08092511




いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ナプレ@ミッドタウン(六本木)
Excerpt: Pizzeria Trattoria Napule 東京ミッドタウン店 (イタリアン / 六本木) ★★★★☆ 4.0 さて、コチラは予約しとかなきゃ飛込みでは、なかなか 入る事が..
Weblog: 欲望のままに我儘にぃ〜
Tracked: 2008-10-07 10:35

アクセスランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。