2009年05月03日

イノウエ グリリア:メカジキの炭火焼き@横浜

先日とは別のコーチング仲間と、最もリピートしているイタリアンへ。

やっと実現した美味しいもの好きの集まり。
舌の肥えたメンバが二人。
こちらのお料理が口に合うことを願いつつ、スタート。

メニューを眺めた結果、何にでも合わせやすい泡でいくことに。

1.)Cuvee dei Frati Brut 2004
00_Cuvee dei Frati Brut 2004(キュヴェ ディ フラティ ブリュット).jpg
ワイン名:Cuvee dei Frati Brut 2004(キュヴェ・ディ・フラティー・ブリュット)
葡萄品種:Trebbiano di Lugana, Chardonnay
生産州 :Lombardia
生産者 :Ca dei Frati(カ・ディ・フラティ)

こちらのお店でいただくのは、二度目。
きめ細かな泡が喉越しよく、蜜っぽさと華やかな香りが◎

Ca dei Frati に関する詳細情報はこちら

2.)大船渡産岩ガキ
01_大船渡産岩ガキ.jpg
レモンをたっぷりと搾り、いただく。
濃厚な味わいで、泡と共にいただくと、たまらなく美味。

3.)有機野菜の炭火焼き
02_有機野菜の炭火焼き_ニンジン_パプリカ_スナップえんどう_サツマイモ_ジャガイモ_カボチャ_サトイモ_ソラマメ_カブ_新たまねぎ.jpg
定番の一品。
初めて来る方が居る時は、必ずオーダーする。
といいつつ、そうでなくてもほぼ毎回オーダーするが。
日により、季節により、いろいろ替わるのが楽しみ。
今日は、ニンジン、赤パプリカ、スナップエンドウ、カボチャ、サツマイモ、サトイモ、ソラマメ、カブ、新玉ねぎ。
また、同じお野菜でも、季節の移ろいと共に糖度や水分が変化していくのが面白い。
特に、レギュラーメンバーのニンジンとカブはそれがよく分かる。

4.)全粒粉の自家製パンとシチリア産のオリーブオイル
03_全粒粉の自家製パンとシチリア産オリーブオイル.jpg
パン単体でも楽しめるが、野性味溢れるシチリア産のオリーブオイルをつけると、美味。

パスタは二種盛りで。

5.)白海老・リングイネ
04_白海老・リングイネ.jpg
ぷちぷりの白海老とアルデンテでもっちり系食感のリングイネの組み合わせが◎。
トマト、ニンニク、イタリアンパセリもきっちりと仕事をしており、これじゃ足りない・笑

6.)カラスミ・フェデリーニ
05_カラスミ・フェデリーニ.jpg
カラスミはサルデーニャ産。
以前の薄くスライスしたタイプもいただいたことがあるが、個人的にはこちらの方が好み。
パスタは、当然パスタをいただくもの。
具材とソースは、パスタとの一体感があってなんぼ、と考える。
というわけで、本日のカラスミ・フェデリーニは、文句なし。

7.)メカジキの炭火焼き
06_メカジキ(カジキマグロ)の炭火焼き.jpg
シチリア料理の主役ともいえる食材のメカジキ。
「炭火焼き」という調理法が最高に威力を発揮する一品で、私が最も好きなシチリア料理の逸品。

レモンを「ぎゅうっっ」とたっぷりと搾っていただく。

炭火の遠赤外線により、火は通りつつも水分が内側に残っており、パサパサ感が全くない。
外側はほどよくグリルされ、中心部は絶妙のミディアムレア。

メカジキのほどよい脂と旨みに加え、オリーブオイルのコクとレモンの酸味があいまって、たまらなく美味。

ここで、赤ワインをカラフェでオーダー。
07_赤ワイン.jpg

8.)骨付き豚の炭火焼き・Lボーン(200グラム)
08_骨付き豚の炭火焼き(Lボーン200グラム).jpg
こちらも炭火焼きの遠赤外線が最高に威力を発揮する。
09_骨付き豚の炭火焼き(Lボーン200グラム).jpg
外側はパリッと香ばしく、中は脂たっぷりピンク色でジューシー。
10_豚肉.jpg

9.)ドルチェ
11_ドルチェ_紅玉りんごのタルト_カスタードプリン_ピスタチオのジェラート_いちごのソルベ.jpg
友人はそれぞれ、「カスタードプリン」と「紅玉りんごのタルト」。
私は迷うことなく「ピスタチオのジェラート」と「イチゴのソルベ」。
今日はお腹に余裕があるので、「カスタードプリン」も合わせてオーダー。

カスタードプリンは、かなり濃厚な大人のカラメルソースがかかっており、カラメル好きの私にはたまらない。
12_カスタードプリン.jpg

13_ピスタチオのジェラート・イチゴのソルベ.jpg
私の大好物であるピスタチオのジェラートは、いつも通りの濃厚さ。
美味。
イチゴのソルベも、かなりの量のいちごが使われており、口の中でいちご風味爆発である。
写真

10.)カフェ
14_カフェラテ.jpg
友人二人はホットコーヒーで、私はカフェラテ。

11.)ドルチェ その2
15_ピスタチオのジェラート.jpg
友人二人がピスタチオのジェラートを味見した結果、2つ追加・笑


12.)食後酒
16_食後種・グラッパなど.jpg
グラッパやパッシートがわんさか。
私はシチリアのPantelleria(パンテレリア)島産のパッシートをセレクト。
17_DONNAFUGATA Ben Rye.jpg
ワイン名:Ben Rye(ベン・リエ)
葡萄品種:Zibibbo(モスカート・ダレッサンドリア) 100%
生産州 :Sicilia
生産者 :DONNAFUGATA(ドンナフガータ)
格付け :DOC Passito di Pantelleria

甘いデザートワインだが、しつこくない甘みで後味がさらっとしている。
味わい深い甘みが素晴らしい。

詳細は、こちら

13.)カフェ その2
18_ハーブティー・カモミール.jpg
〆は、ハーブティー(カモミール)でまったり。







Inoue griglia(イノウエ・グリリア)@横浜・東口(平沼)
三人で飲んで食べて:¥33,750-




いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。