2009年08月24日

ダ チーボ:マルゲリータ@丸の内

近場、値段なるべく控え目、麺類以外、という条件で、同僚と三人でランチへ。

値段は少し目をつぶっていただいて、近場のピッツェリアに入る。

約四年前にコレド日本橋で訪れたお店と同じ系列。

ランチメニューからピッツァのセットを選ぶ。
他にはパニーノセットあり。

三人で三種類のピッツァをシェアすることに。

まずはセットのサラダが運ばれてくる。
01_サラダ.jpg
レタス、トレヴィス、トウモロコシのシンプルサラダ。
お皿を他のお料理用のもので代用されているのだろうか?
もう少し面積が狭いものに丁寧に盛りつければ、大分見た目の印象は変わると、個人的には思う。
今のままでは、1,200円のランチセットを作るためにとりあえず用意しました的に見えてしまう。

続いて、ピッツァが一度に三枚目登場。

いただく順番は、まずマルゲリータから。
090824_115758.jpg
400円の追加料金を払い、モッツァレラチーズをブーファラに変更した。
チーズはコクあり&ミルキーで、変えた甲斐があった。
トマトソースは普通かな。
ガス窯なので、コルニチョーネの香ばしさはぼちぼち。
(帰りに見えた石窯は、○ンジョーネ社製)
その分、ふっくらもっちり感はある。
いずれにしても、東京駅構内の平日ランチとしては十分魅力的。
何よりオーダーから提供までが早いしね。

続いては、ピッツァ・ポルポ。
03_ピッツァ・ポルポ.jpg
ピッツァビアンカなのでチーズたっぷり。
これにカラブリア(唐辛子)でアクセント。
具材はパプリカとポルポ(タコ)。
カラブリアは意外に控え目な量で食べやすい。
ポルポはプリコリで程よい食感。

最後は、ピッツァ・ウォーバ。
イタリア語にすると、Pizza Uova。
04_ピッツァ・ウォーバ.jpg
トマトソースに、モッツァレラチーズ、バジル、マッシュルーム、ゆで卵。
カットしていただくため、ピースによっては卵がほとんど載ってなかったりする・笑
マッシュルームを無しにして、その分だけ卵を増やせば、より特徴のはっきりした味わいになると、卵好きの私は思う。

食後、ホットストレートティーを飲みながら、同僚の結婚20周年記念を祝うお店選びの相談にのる。
仕事が変わり、今まで以上にこの手の相談が増えた。

いと楽し。





PIZZERIA DA CIBO@丸の内・東京駅1階 キッチンストリート
ピッツァのセット×3:¥3,600-
水牛のモッツァレラチーズ:+¥400-




いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。