2006年02月27日

ベアート;パッパルデッレ イノシシベースのソース@日本橋

国境に接したドイツ、オーストリアの食文化を融合し、進化したイタリア最北の州(アルトアディジェ)の伝統料理。
シェフはロンバルディア、エミリアロマーニャ、アルトアディジェの3州で修行した経歴を持つ。

前回同様、オフィシャルサイトから引用)

「Pranzo A」を注文。

まずはサラダ。
サラダ.jpg
サツマイモが入り。
通常より幾分すっぱいドレッシング。

パンは自家製かな。
バゲット.jpg

パスタは二種類あったが、「パッパルデッレ イノシシベースのソース」を選ぶ。
パッパルデッレ.jpg
イノシシは牛肉に近い食感で、ソースはいわゆるラグーソース。
ただ、具材的に後半は少し飽きがくる。

手打ちのパッパルデッレが美味しいだけに、もう一工夫あれば個人的には嬉しい。

デザートは、パンナコッタ・ストロベリーソース。
パンナコッタ_ストロベリー.jpg
バニラビーンズがしっかりと効いていて、美味。
ソースも程よい甘さで、パンナコッタとよく合う。

食後は、ホットミルクティーで少しだけまったり。
紅茶.jpg





beato(ベアート)@COREDO(コレド)日本橋 4F
Pranzo A:¥1,600-




いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。