2010年02月11日

ピッツェリア アルフォルノ:マルゲリータ@渋谷

スターバックスでしばらく仕事をした後、なんとなく外食な気分だったので、仕事を終えた友人を呼んでさくっと晩ご飯へ。

一年ほど前から気になりつつ、なかなか機会のなかった窯のあるお店をセレクト。
21:30でカウンター席を予約してから行ったものの、なかなか席が空かずに15分ほど待つ。

店内は薪窯を囲むようにカウンター席12あり、他には4人用のテーブル席が一つのみ。

何はさておき、スプマンテとビールで乾杯。
お料理は、軽くつまめる系をオーダー。

彩り野菜の冷製ラタトゥイユ
01_彩り野菜の冷製ラタトゥイユ.jpg
イタリア料理でいうところの「カポナータ」
野菜を積極的に摂取したいため選んだ一品。
分かりやすいから、より一般的「ラタトゥイユ」と表記しているのだろうか。

玉ねぎ、茄子、赤パプリカ、黄パプリカ、など野菜たっぷり。
トマトの甘みがぐぐっと効いていて、お手軽なのに味わい深い。
数種類の野菜の煮込み料理は、旨みと栄養たっぷりでいう事なし。

鶏レバーのムース(バゲット付)
02_鶏レバーのムース.jpg
酒のつまみにもってこいのお料理。
バゲットに対してたっぷりのパテ。
レバー独特のコクはあるが、臭みは感じられず◎

ピッツァ マルゲリータ
03_ピッツァ・マルゲリータ.jpg
初めての時は定番のマルゲリータを。

生地は個人的好みからすると気持ち水分が少ないように感じられた。
焼時間の長さによるものか、モッツァレラが良く焼かれている様子で、生地も焦げがちらほら。
バジルは予め載せて置き、しっかりと火を通すスタイル。
04_ピッツァ・マルゲリータ.jpg
コルニチョーネは少し硬めではあるものの、ナポリピッツァのそれであり、パリッと感ともっちり感の両方を楽しめる。
個人的な好みとしては、もう少しふっくら感があると嬉しいかな。

食べたりなかったので、ここで追加オーダー。

炙り真サバのマリネとポテトサラダの一皿
05_炙り真サバのマリネとポテトサラダ.jpg
「本日のおすすめの一品料理」からのセレクト
イタリア料理っぽくない組み合わせだが、これはこれでありかな。
ポテトサラダは粒マスタード入り。

甘いものを食べたいので、私だけ〆にデザートを。

クリームブリュレ(ジェラートのせ)
06_クリームブリュレ.jpg
カラメリゼ好きの私には、クリームブリュレは有難い。
ほどよい苦味とパリッと感が◎
ジェラートはバニラ味で、お味は普通かな。

食後、カモミールを飲みながら、ピッツァイオーロの方とピッツェリア談義に花を咲かせる。

この日はたまたまピッツァ関係の方が多かったらしく、ピッツァイオーロの方の師匠とその同僚の方がお客として、新しく恵比寿にできるピッツェリアの窯を設置する業者の方が相談にいらしていた。
07_薪窯.jpg
ついでに、私の良く行くイタリアンを2件、おすすめしておいた・笑

お店の方と話して仲良くなったせいか、また近いうちに来る気がする。






PIZZERIA al forno@渋谷
二人で軽く食べて:¥6,400

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。