2007年09月10日

南禅寺・金地院

070910_115859_ed.jpg
小堀遠州作庭、金地院庭園

向かって右側が鶴島、左側が亀島


こちらの方丈には、狩野探幽筆「菊乃間」

長谷川等伯筆「猿猴の襖絵」

一番奥に、京都三名席の一つ、小堀遠州作の三畳台目の席、ハ窓席

柱の修理中とのことで、業者の方がいらっしゃって作業されていた

前回訪れた時にあった襖が取り払われ

普段見ることのない貴重な修復作業

虫喰いの穴に樹液を詰め、漆を塗ってから、元の皮を被せるらしい




いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。