2007年09月16日

イノウエ グリリア:豚Tボーンの炭火焼き@横浜

2,3週間前にその存在を知ってから気にはなっていたのだが、やっと訪れることができた裏横浜のイタリアン。

横浜駅東口の郵便局からのんびり歩いて20分くらいかな。

お蕎麦屋さん・角平のある平沼一丁目の交差点を過ぎ、バラッコーネを左手に通り過ぎてさらしばらく進み、福山通運の前を通り過ぎた信号のある交差点を左に曲がってから、3分ほど真っ直ぐ進んだ右手角のお店。
石崎川に面しており、入り口から橋(梅香崎橋)が見える。

5月31日にオープンしたばかりの店内は、清潔感に溢れ、落ち着いた感がある。
真っ白なテーブルクロスがかけられているため、きちんとした格好で訪れても違和感はないが、フランクな対応をしてくださるサービスの方のおかげで、畏まらずにリラックスできる。

席数は16席あるが、1テーブルをドリンクを置く場所として使われているため、通常は14席かな。

シェフは都内の某リストランテにいらっしゃったそうだが、そこはいつか機会があれば行ってみたいと思っていた、炭火焼きで有名な某オーナーシェフのお店。

メニューはアラカルトのみ。

軽くご飯のつもりで訪れたので、前菜1皿、パスタ1皿、メイン1皿を選ぶと、二人では量的に前菜をもう1皿頼まれた方がよいとのこと。
ちなみに、パスタは1皿が65グラム。

01・落ち着いた雰囲気の店内.jpg

スプマンテで喉を潤し、内装をじっくりと眺めながらお料理を待つ。
最近、飲食店に限らず、天井や壁が気になって仕方がない。

02・スパークリングで乾杯.jpg

1.)真アジのマリネ
03・真アジのマリネ.jpg

酢で〆られた真アジ。
タマネギの甘みと辛味、オリーブオイルとディルの風味が見事にマッチしており、青魚特有の魚臭さは感じられずに、さっぱりと美味しくいただけた。

アジ自体のモノもよく、食べ応えのある身で、美味。

2.)自家製パンとEVオリーブオイル
04・自家製と思われるパン.jpg

05・EVオリーヴオイル.jpg
オリーブオイルの入った器がお洒落。
果実のような風味豊かなオリーブオイル


3.)有機野菜の盛り合わせ・バーニャカウダソース
06・ヴァーニャカウダ.jpg

07・ヴァーニャカウダソース.jpg

有機野菜の内訳は、ルッコラ、レタス、キュウリ、赤ピーマン、ブロッコリー、ナス、レッドオニオン、里芋など。

バーニャカウダに里芋は珍しい。
バーニャカウソースは、アンチョビがたっぷりで塩気が強め。

ちなみに、こちらの有機野菜の盛り合わせには三種類の食べ方があり、グリル、一般的なドレッシング、バーニャカウダソースから選べるようになっている。

4.)秋刀魚と茄子の炭火焼きスパゲティ
08・秋刀魚と茄子の炭火焼きのスパゲティ.jpg
炭火でよくグリルされた秋刀魚が美味。
茄子も焦げ過ぎになるギリギリまで炭火焼きされており、香ばしくかつジューシーなお味。

パスタ自体に魚介の旨みと炭火焼きの香ばしさが絡み、絶妙のお味。

パスタにアルデンテより結構早めにお湯から引き上げ、フライパンの中で秋刀魚などの旨みを吸わせながらアルデンテに仕上げているのではないかな。
出汁用にトマトも少し入っている。
ただ、個人的にはもう少しだけ気持ち硬茹でが好きかな。
でも、十分に美味しい。

私は、自称PastaLoversなのだが、食べ歩きをしているとショックを受けることも多い。
こちらのこの一品は、今まで味わったことの無いお味で、食材の組み合わせといい、ソースの風味といい新鮮。

一言で表すなら、そう・・・美味。

ここで、赤ワインをグラスでオーダー。

5.)豚Tボーンの炭火焼き(350グラム)
09・豚Tボーンの炭火焼き.jpg
前菜をいただいている時から煙が見えていたので、きっと丁寧に焼き上げられたであろう豚肉。
見た目でかなりそそられる。

まずは、ヒレ肉の部分から取り分ける。
10・豚のヒレ肉.jpg

とても柔らかく、旨みたっぷりジューシー。

じっくりじっくりと丁寧に焼かれているからこそ、この凝縮された旨みと瑞々しさを楽しめる。

11・カットした豚肉.jpg

カットした肉をお皿に広がる肉汁にヒタヒタしていただく。

12・肉汁をたっぷりとつけて.jpg

美味。

13・脂身の部分も楽しむ.jpg
脂身も旨みたっぷり。

付け合せはリクエストした、ルコラと赤パプリカのグリル。
14・付け合せに選んだパプリカの炭火焼きとルッコラ.jpg
赤パプリカはグリルすることで甘みが引き出されており、肉厚な食感で◎

最後は本当にTボーンに。
15・まさにTボーン.jpg


6.)ピスタチオのジェラート、ミルクのジェラート・フランボワーズ添え
17・ピスタチオのジェラート.jpg
好物のピスタチオのジェラート。
甘さ控えめで、濃厚、う〜ん、美味しい。

18・ミルクのジェラートにフランボワーズを添えて.jpg
さっぱりとシンプルにミルクの味を楽しめる。
サービスの方のアドバイス通りにフランボワーズを潰してジェラートとよく混ぜていただくと、酸味と甘みが混ざり合い、美味。

紅茶はアールグレイがなかったので、ダージリンで。
19・ダージリン.jpg

中古品とおっしゃっていた、お砂糖入れ。
16・中古で購入されたお砂糖入れ.jpg

地元横浜で、至福のイタリアン。
こちらのお店は宣伝をされていないため、まだそれほど混みあっていないようだ。
人気がで予約が取れなくなってしまうのは嫌だが、人気は出てほしいな。
そんな、応援したくなるようなお店。

ちなみに店名の「griglia」は、「グリル、焼き網、格子」といった意味。

食後に思わず、「また来ようね!」と言いたくなるイタリアンだ。







Inoue griglia(イノウエ・グリリア)@横浜・東口
二人で飲んで食べて:¥12,500-




いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
この記事へのコメント
自由人さま。おすすめ記事に惹かれて、早速行って参りました。いやぁ、お勧めされれるだけあって、素晴らしいお店でした。我が家からも近いので、通ってしまいそうです。いいところを教えていただき、ありがとうございました。
Posted by まさとし at 2007年09月29日 23:54
まさとしさん

早くもいらっしゃったんですね♪
楽しんでいただけたようで嬉しい限りです。
それにしても、ご近所で羨ましいですね〜。
Posted by 自由人 at 2007年09月30日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

横浜平沼橋・イノウエ グリリア Inoue Griglia : 裏横地区の絶品イタリアン
Excerpt: 冒頭にご案内の通り、現在海外赴任中につき、ブログの更新が滞っておりますこと、お詫びいたします <(_ _)>。 赴任中も横浜の新規開店グルメ情報をこまめに調べておりました..
Weblog: 横浜発! おいしいもの!!
Tracked: 2007-09-29 23:34

再訪☆イノウエ グリリア
Excerpt: ここしばらく忙しい日が続くので、平日の酔いどれ予定は入れられません。。。 閉店時間前のBaraccone(バラッコーネ)に飛び込んで、やさぐれる日々になりそうだわ。 響とイノウエ グリリアを再..
Weblog: 横浜WOMAN 〜30代の日常と酔いどれ日記〜
Tracked: 2007-10-07 17:47

今日の夕食
Excerpt: 今日はK姉が横浜に来たので、戸部にある「イノウエ グリリア(Inoue Gliglia)」へ。 気になっていたイタリアンレストランです。 まずはサービスで出していただいた、「きびなごのフリット」..
Weblog: Our Life Style
Tracked: 2008-07-01 22:16

Inoue Griglia イノウエ グリリア
Excerpt: Inoue Griglia イノウエ グリリア 横浜駅から少し離れた、閑静なエ...
Weblog: icecraft blog -旅と音楽とインテリア-
Tracked: 2009-04-09 22:16

アクセスランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。