2007年10月16日

オ プレチェネッラ:フンギのピッツァ@横浜

食欲の秋、到来。

というわけで、ナポリピッツァのお店へ。

たいてい Pranzo A をマルゲリータで注文するのだが、季節も変わったことだし、選べるピッツァのバリエーションが変わってることを期待してランチメニューを見ると…。

ビンゴ!

いろいろきのこのピッツァ、「フンギ」が加わっている♪

今日はフンギで Pranzo A をオーダー。

まずは、セットのサラダ。
サラダ_紅芯大根_ズッキーニ.jpg
いつもと違う!?

うすーくスライスされた、紅心大根と黄色いズッキーニがのっている。
アルファルファもこちらのお店では初めてかも。
他には、苦みを楽しむトレヴィス、食感が好きなシルクレタス。
プチトマトは相変わらず甘い。

店内は団体のお客様もいっらっしゃり、かなり混んでいる。
そのせいもあり、ピッツァまでしばらく待つ。

出てきたフンギのピッツァは、きのこの香りいっぱいで、食欲をそそられる。
071016_115301.jpg
マルゲリータのようなトマトソースも、一般的なピッツァビアンカのようなチーズたっぷりでもない。
そのかわり、きのこペーストが敷き詰められている。

いつも通り、まずは手でコルニチョーネ(縁)を味わう。
最初の歯ざわりはカリッと香ばしく、噛むとふっくらモッチリ。
今日もよく焼けている。

ワンピースのコルニチョーネを食べ終えるごとに、ナイフとフォークでピッツァの薄い生地の部分をいただく。

きのこペーストの上には、椎茸、しめじ、舞茸、エリンギ茸がたっぷり。
イタリアンパセリと少しのパルミジャーノ・レッジャーノがほとよいアクセントに。

シンプルに、きのことピッツァの生地の組み合わせを楽しめる。

トマトソースのピッツァに慣れている人には物足りない方もいるかもしれないが、私は好きだ。

特に、オリーヴオイルと混ぜ合わせられたきのこペーストがいいね♪

食後はカプチーノを片手に、「海の都の物語/塩野七生著」を読み耽る。
カプチーノ.jpg
千年も続いたというヴェネツィア共和国、再訪したくなってきた。







Vera Pizza Napoletana No.175(真のナポリピッツァ協会 認定店)
Trattoria Pizzeria 'O Pulecenella(トラットリア ピッツェリア オ プレチェネッラ)@横浜
Pranzo A「フンギ」:¥1,575-




いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。