2006年04月20日

鳥つね 自然洞:上親子丼@秋葉原・末広町

私がが日本橋にいる間にということで、上司のリクエストを受けあのお店へ。

今回は三人なのでテーブル席へ案内されたのだが、これがちょうどご主人
の右脇45℃の位置。

私と、前回も一緒だった後輩は、上親子丼を注文。
特上親子丼に入っているあの軍鶏独特の食感をそれほど好まないため、
だったら上親子丼でもいいのでは?という理由からだ。

「玉ひで」の親子丼好きの上司は、初めてということで並の親子丼(1000円)を注文。

最初にお新香と鶏出汁スープが運ばれてくる。
上親子丼
親子丼は、「上」と「並」で明らかに見た目が違う。
黄身の色と卵の固まり具合が異なっているのだ。
「上」のそれは、オレンジ色でねっとり柔らかい。
「並」のそれは、黄色で結構固まってしまっている。

「上」の場合、本当に黄身本来の味を楽しめる。
「玉ひで」と比べると、ここのお出汁はお醤油が控えめな分、全体的に薄味で、
プラス、少し甘め。

作る過程の覗いていると、使っている卵が違う。
一人前に三個ずついれるのは変わりないが、「並」と「上」・「特上」で
別の場所から卵を取り出している。

卵をかき混ぜる回数が、6回というでピタっと止めるということも判明した。
これが、あの絶妙な混ざり具合・固まり具合に影響しているようだ。

「上」の鶏肉は全て柔らかい。
「特上」と異なり、軍鶏が入っていないためだ。
「並」を食べた上司は、「玉ひで」のが柔らかくて美味しいと言っていた。
やっぱり、ブロイラーじゃね(^^;

私と後輩は、「特上」よりも「上」のが◎という認識で一致した。
関西系の味付けがお好みの方は、一度、試す価値があると思う。


●以下、初めて特上親子丼を食した2005年01月25日のメモから抜粋
-----
TVで見た通り、とろとろの卵が乗っかっている。
鶏肉は特別なものといった感じはないが、卵とご飯と汁は違う。
どこかのお店と違い、お醤油の味は控えめ。
卵本来の味と鳥からとった(と思われる)出汁の旨みが舌に喉にしみわたる。
この卵の風味というかフワフワ感というか・・・タマラナイ。
お米は、一粒一粒がしっかり主張している感じだ。
全体的に素材の味を活かしている。

ここは鳥料理のお店を始めて30年。この特上親子丼が名物料理だ。
鶏肉は秋田県産の比内鶏、名古屋コーチン、奥久慈の軍鶏(並は
ブロイラー)を使用。
卵は名古屋コーチンの祖先にあたる地鶏を兵庫県から取り寄せる、
その名も「こだわり卵」。これを3個使用(並は、一般卵を2個)。
お米は福島県熱塩加納村の三方山に囲まれた田んぼで栽培された無農薬米
のコシヒカリ。
更にお米を炊く水にもこだわり、お酒を造る時に使用する水を福島の酒蔵
から取り寄せているそうだ。(お醤油やみりんにも当然こだわりがある。)

「卵の旨さは黄身のおいしさなんです。白身と黄身の火の入り方には時差が
ありますが、黄身の味わいを生かすように、ウチではあまり煮ないで仕上げ
ます。」(ご主人談)

TVで放送された時も、卵を入れてから30秒で火からあげていた。
-----








鳥料理 鳥つね 自然洞@秋葉原・末広町
上親子丼:¥1,300-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2006年03月31日

鳥つね 自然洞:特上親子丼@秋葉原・末広町

久しぶりのお店へ。

玉子の黄身本来の味を大切にしたいため、黄身にはほとんど火を通さない。
image/seefood-2006-03-31T12:21:52-1.jpg

美味。







鳥料理 鳥つね 自然洞@秋葉原・末広町
特上親子丼(限定20食):¥1,600-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2005年01月25日

鳥つね 自然洞:特上親子丼@秋葉原・末広町

先日、TVで放送されていた親子丼のランキングで見事1位を獲得していたお店へ。

限定15食と言われる「特上親子丼」を食べるため、11:30の開店に間に合うように調整した。

11:10 席を立つ
11:20 三越前駅を出発
11:23 末広町駅に到着
11:28 お店に到着

お店には一番乗りだった。
カウンターへ案内された後、しばらく待つ。
待っている間にどんどん席が埋っていく。
注文して間もなく、「お新香」と「お吸い物」が出てくる。
お吸い物.jpgお漬物.jpg鶏出汁の効いたお吸い物をいただいている間に、1階はほぼ満席。

特上親子丼.jpg
TVで見た通り、とろとろの卵が乗っかっている。
鶏肉は特別なものといった感じはないが、卵とご飯と汁は違う。
どこかのお店と違い、お醤油の味は控えめ。
卵本来の味と鳥から取った(と思われる(出汁の旨みが舌に喉にしみわたる。
この卵の風味といい、フワフワ感といい・・・タマラナイ。
お米は、一粒一粒がしっかり主張している感じだ。
全体的に素材の味を活かしている。

ここは鳥料理のお店を始めて30年。この特上親子丼が名物料理。
鶏肉は秋田県産の比内鶏、名古屋コーチン、奥久慈のしゃも(並はブロイラー)を使用。
卵は名古屋コーチンの祖先にあたる地鶏を兵庫県から取り寄せる、その名も「こだわり卵」。これを3個使用(並は、一般卵を2個)。
お米は福島県熱塩加納村の三方山に囲まれた田んぼで栽培された無農薬米のコシヒカリ。
更にお米を炊く水にもこだわり、お酒を造る時に使用する水を福島の酒蔵から取り寄せているそうだ(お醤油やみりんにも当然こだわりがある)。

「卵の旨さは黄身のおいしさなんです。白身と黄身の火の入り方には時差がありますが、黄身の味わいを生かすように、ウチではあまり煮ないで仕上げます。」(ご主人談の記事を引用

TVで放送された時も、卵を入れてから30秒で火からあげていた。

ちなみに、このすぐ裏にあるラーメン屋「山彦」もこの「鳥つね」が経営している。
ここも開店前に行列ができるらしい。

12:10 無事、満腹満足で自席へ戻る。








鳥料理 鳥つね 自然洞@秋葉原・末広町
特上親子丼(限定20食):¥1,600-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)

アクセスランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。