2009年08月14日

パームスカフェ:エビと大葉の和風オムライス@自由ヶ丘

美容院の前にサクッとランチ。

お気に入りのオムライスな気分。

13時半でも客が絶えない店内。

禁煙なら長居しても快適なんだけどな。

オムライスは三種類あるが、いつもの「エビと大葉の和風オムライス」をオーダー。

十数分で運ばれてきた。
090814_134014.jpg
半熟卵を開け広げ、少しずつご飯と共にいただく。
エビと大葉の和風オムライス_卵オープン.jpg
卵自体にはほとんど味はついていない。
少しだけ油にバターを足しているかも。

ふるふるの卵は食感が◎
ライスは大葉の風味が香る、しっかり和風。
エビは冷凍モノだろうか?
しかし、プリプリ感があり食べ応えあり。

15分で食し、満腹満足。






Palms cafe@自由ヶ丘
エビと大葉の和風オムライス:¥1,000-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2008年11月03日

味噌らーめん 南部:にぼ味噌玉らーめん@自由が丘

昼はがっつりお鮨と日本酒をいただいたので、夜は軽く行きたいところ。
いろいろ考えた結果、自由が丘でラーメン。
さっそく、某大学勤務のS氏に連絡。

前から気になっていた、せたが屋系列のラーメン屋さんへ。

場所は自由が丘ロールの隣。
店内はカウンター7席、4人がけテーブルが2卓。

黒豚餃子
01_黒豚餃子.jpg
「鹿児島の高級黒豚を使用した肉汁たっぷりの餃子を特製味噌ダレで」とWebサイトにはある。
個人的には、味噌ダレをつけないほうが、シンプルい黒豚の旨みを味わうことができる。
普通に美味しい。

にぼ味噌玉らーめん
02_にぼ味噌玉らーめん.jpg
麺は太麺と細麺から選べるが、太麺をセレクト。
いつも通り、脂少な目、麺硬めでオーダー。
南部鉄器を使った器に入っているため、最後まで熱々でいただけるとのこと。

スープは文字通り煮干がよく効いている。
03_にぼ味噌.jpg
飛騨高山の熟成味噌はまずまず。
太麺は、コシが強めのもっちり。
具材は、味玉、肉味噌、チャーシュー、海苔、青葱、玉葱、もやし。

肉味噌といい、熟成味噌としい、全体的に白ご飯に合いそうな味付け。
ご飯党の私としては、スープにご飯を入れたくなるお味だが、今日は我慢。

S氏の「にぼ味噌つけ麺」
04_にぼ味噌つけ麺.jpg
05_にぼ味噌つけ麺のスープ.jpg





味噌らーめん 南部@自由が丘
にぼ味噌玉らーめん:¥850-
にぼ味噌つけ麺:¥750-
黒豚餃子:¥400-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2008年07月06日

トラットリア・チーボ:甘エビとキャベツ・カラスミのスパゲティ@自由が丘

H.I.Sへ寄った後、お気に入りのイタリアン・ランチへ。

かれこれ7回目になるかな。

通い始めたわりと最初の頃から、シェフとサービスの方に覚えていただいたようで、それからぐっと居心地がよくなった気がする。

前日に予約しておき、11:30に到着。
まだ誰も居ないカウンター席に座り、メインなしのランチセット(パスタは三種類から選べる)をオーダー。

待っている間に、前菜用のお料理を撮影
01_トマトのグリル.jpg
トマトのグリル
02_フリッタータ(イタリア風オムレツ).jpg
フリッタータ

さて、一品目は、本日の一口スープ
03_本日の一口スープ・キュウリとジャガイモの冷製スープ.jpg
キュウリとジャガイモの冷製スープ

キュウリの生臭さはほとんど感じられず、ジャガイモが独特の食感とコクをプラスしている。
粗挽き黒胡椒と、EVオリーブオイル、そしてジャガイモチップがのせられている。

黒胡椒がピリリとほどよいアクセント。
EVオリーブオイルをまとったジャガイモチップは、パリパリの食感が◎

自家製フォカッチャとゼッポレ
04_自家製フォカッチャとゼッポリ.jpg
(イタリア語では"ZEPPOLELLE"と表記するため、「ツェッポレッレ」が正しいかな)
こちらの自家製パンシリーズは、大のお気に入り。
フォカッチャはふんわりとした食感で、食べ応えあり。
ハーブと塩がよく効いている。
05_ゼッポリ.jpg
ナポリ名物のゼッポレは、好物なこととあつあつが美味しいこともあり、即行で食す。
外側が軽くパリっとしており、噛むとかなりのふんわり感。
中にたっぷりと空気が閉じ込められている。
海苔の風味もいいね☆

本日の前菜の盛り合わせ
06_本日の製前菜の盛り合わせ.jpg
自家製前菜10品の共演

07_トマトのグリル、サーモンのマリネ、パプリカのマリネ、豚肉のロースト・アンチョビソース
トマトのグリルは、みじん切りした玉葱、バジルが載せられ、EVオリーブオイル、塩がかかっている。
グリルと塩により引き出されたトマトの甘みと、玉葱のさっぱり感が混ざり合い、◎
サーモンのマリネはさっぱりで、暑い日にちょうどよい。
パプリカは、甘みと酸味の両方を楽しめる。
手前は、カジキマグロのソテー(だったかな?)・アンチョビソースかけ。

08_ラディッキオのグリル・ズッキーニのフリット・茄子のグリル.jpg
ラディッキオのグリル
イタリアはヴェネト州が特産の野菜
シャキシャキとした食感とグリルによるほのかなパリッと感。
グリルの風味とラディキオに特徴的な苦味を楽しむ。
ズッキーニのフリットは衣はサクっと中身はじゅわーと。
なすのグリルにはEVオリーブオイルがしっかりとかかっている。

09_鰯の香草パン粉焼き・ゴルゴンゾーラチーズとジャガイモのパイ包み・鶏白レバーのペースト・カポナータをグリルで・フリッタータ.jpg
鰯の香草パン粉焼きは、トマト入り。
鶏レバーペーストはレバー独特のコクがあり、赤ワインが欲しくなる。
ゴルゴンゾーラチーズとジャガイモのパイ(パートフィロ)包みは、見た目どおりのパリサクッとした食感で、中は濃厚なゴルゴンゾーラ。
フリッタータはシンプルな味付け。
もう一品は、カポナータのチーズ載せかな?

10_甘エビとキャベツ・カラスミのスパゲティ.jpg
甘エビとキャベツ・カラスミのスパゲティ

ランチでは三種類から選べるのだが、カラスミの文字を見た瞬間

 私:「カラスミは、パウダー状ですか?それともスライスしたタイプですか?」
 シェフ:「どちらがお好みですか?」
 私:「パウダー状が好きです。」
 シェフ:「大丈夫です。パウダー状です(笑顔)。」

というわけで、目出度くカラスミのスパゲティをセレクト(笑)
甘エビから出た出汁に絡めながらアルデンテに仕上げられたようだ。
パスタ、キャベツ、いずれも甘エビ風味。
なんとなく、ニンニクと唐辛子も結構効いているように感じた。

個人的には、もう少し使用する食材の数を減らして、個々の素材をじっくり味わえると、もっと美味しく感じられるかな。

11_トマト.jpg
火が通ったあつあつのトマトは甘くて◎

12_ホットコーヒー.jpg
食後にホットコーヒーをいただきながら、シェフとの会話を楽しむ。






TRATTORIA CIBO(トラットリア・チーボ)@自由が丘
ランチセット:¥2,200-
甘エビとキャベツ・カラスミのスパゲティ:+¥200-

080627

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年07月28日

カフェ ラ ボエム:ホタテとアスパラガスのジェノウ゛ェーゼ@自由が丘

12:30から美容院@自由が丘の予約をしていて、駅に着いたのが11:47。

ちゃんとご飯が食べたかったので、即行で駅近くのカジュアルイタリアンのお店へ。

11:50にお店へ着くと、テラス席は満席。
店内も9割くらい埋まっていたが、一人だったので待つことなくカウンター席へ。

渡されたメニューを見てショック!

ランチのセットメニューがあると思い込んでいたら、週末はないとのこと。。

こちらのお店はチェーン店のため、平日ランチやディナーで何店舗か訪れたことがあるのだが、週末ランチは初めてだったか…しくじった(>_<)

気を取り直して、「ホタテとアスパラガスのジェノヴェーゼ」のみを注文。

時間がないのでドリンクもなし(笑

混んでいるからある程度は予想していたが、出てくるまで結構待った。
070729_121123.jpg
久しぶりにいただく、こちらのお店のジェノヴェーゼ。
ホタテとアスパラガスという具材の組み合わせは、両方とも好物なので嬉しい限りだ。

香ばしく煎られた「松の実」も◎

ジェノヴェーゼは日本では比較的よくある基本のパスタだけに、カルボナーラ同様、それぞれのお店(シェフ)の個性が問われる、と私は考える。

この三年ほどの間に、自分の中で二つのジェノヴェーゼが記憶に残っている。

一つはもう一年以上いただいてないため、そろそろ再訪してみるかな。






Cafe La Boheme(カフェ ラ・ボエム)@自由が丘
ホタテとアスパラガスのジェノヴェーゼ:¥1,250-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年05月10日

トラットリア チーボ:小海老と小柱と薄切りジャガイモのジェノヴェーゼ@自由が丘

#本記事の画像は、全て携帯電話内蔵カメラで撮影

以前から行ってみたかったお店へ行くと、事前予約が必要だと断られたため、知っている別のお店へ。

こちらは以前、週末ランチで行ったことがあるのだが、結構混んでいた記憶があるので、即電話で予約を入れて向かった。

自由が丘駅から、徒歩10分くらい。
一般的な女性の速度だと、10分以上はかかるかな。
カウンター6席、テーブルは10席前後。

一人だったので、カウンターへ案内された。
カウンター好きとしては嬉しい。

二種類ランチメニューから、Pranzo A を選ぶ。
Pranzo B は、A に前菜の盛り合わせ、自家製パン・ゼッポリが付く。

まずは、一口スープ。
01_かぼちゃの冷製スープ.jpg
かぼちゃの冷製スープ。
シンプルなかぼちゃの甘みが口に広がり、美味。

続いて、サラダ。
サラダといいつつも、こちらのものは、前菜の盛り合わせのようになっているのが特徴。
02_サラダ.jpg
鰯のフリット、鶏レバーのテリーヌ、フリッタータ、カポナータ、あと、カポナータとは違う、茄子とトマトのオーブン焼きのようなもの。
これらの前菜の下に、ドレッシングのかかったレタスが敷かれている。
サラダと銘打って、これだけのボリュームのものを出すランチは、他にないかも。

以前、ランチでうかがった時も同様にPranzo A を注文したのだが、その時は、Pranzo B に付くはずの「自家製パンとゼッポリ」が出されて、不思議に思いながらもいただいたことがあった(笑

その記憶があったので、念のため、「Pranzo A にパンは付かないんですよね?」と尋ねると、「はい、Pranzo B だけになります。」とのこと。

パスタは日替わりの三種類から、「小海老と小柱と薄切りじゃがいものジェノヴェーゼスパゲティ」をチョイス。

敢えてそうされているのか、ジェノヴェーゼソース自体の濃さは控えめだが、小海老や小柱のお出汁とパスタの茹で汁がしっかりと乳化されており、見た目のジェノヴェーゼソースに惑わされずにきちんと味わうと、その美味しさを最後まで堪能できる。
070510_131659.jpg
ちなみに、「薄切りジャガイモ」は、ジェノヴェーゼ発祥のリグーリアでよく見られる、型押し丸型パスタの「コルツェッティ」を模したものだと思われる。

ジェノヴェーゼソースとジャガイモはよくみられる組み合わせであり、元々相性は◎なだけに、なかなか面白く、かつ旨い取り合わせだ。

あと、こちらのパスタは女性客が多いお店のランチとしては量が多めで、100グラムくらいあるような感じ。

そんな量のパスタを満足げにいただいていると、カウンター越しにシェフが、「これ、サーヴィスです。よかったらどうぞ」と、揚げたてのゼッポリを三つくださった。
04_ゼッポリ.jpg
前述の会話は聞こえてないとは思うのだが、他のお客様が帰られ、しかもランチタイムも終わりに近づいていたので、本当に残ったゼッポリをくださったのかな(自家製パンはなかったしねw)。

揚げたてのゼッポリ、ふっくらもっちりで、かなりの美味。
メニューにはゼッポリとあったが、日本語表記ではゼッポレとしているところのが多い)

〆は、カプチーノでのんびり。






TRATTORIA CIBO(トラットリア チーボ)@自由が丘
Pranzo A「小海老と小柱と薄切りじゃがいものジェノヴェーゼスパゲティ」:¥1,200+¥300
通常は、1,200円なのだが、今日はこのパスタのみ、プラス300円。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)

アクセスランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。