2009年09月27日

ヴィノリオ・エスト:ボローニャ風牛肉のラグーソース“タリオリーニ”@銀座・東銀座

都内で特に好きな街、銀座。

休日とは雰囲気が違うなと思っていたら、そうか、歩行者天国じゃないからだ。

ランチをすべく、候補がいろいろ頭に浮かぶ。

東銀座、雑居ビルの2階にあるイタリアンに決めた。

13時半という時間のためか、カウンター席を含む23席の店内に、お客様は5名のみ。

ランチメニューは、パスタ、パン、サラダ、ドリンクがセットで1,000円。
パスタは乾麺三種類から選ぶことができるが、手打ちパスタ(一種類のみ)が限定15食あり、こちらを選ぶと1,500円となる。
せっかくなので、限定手打ちパスタを選ぶ。

まずは、サラダ。
01_サラダ・自家製パン.jpg
深みのある器に、レタス、水菜、赤パプリカ、黄パプリカ、人参、プチトマト。
千円台のランチとしては野菜の種類、ボリューム共に多い。
ドレッシングは量少なめで、酸味控えめ。
ワインヴィネガーをベースにオリーブオイルを混ぜたものだろうか。
(次の一枚は携帯電話内蔵カメラで撮影)
01_HP_サラダ.jpg
パン(自家製パンと思われる)は、ほんの一切れ。
外がカリッと、中はふわしっとりで、かなり私好みの食感。
所望して出していただいたオリーブオイルは、オリーブの風味豊かで、これまた好み。
シチリアかサルデーニャのものだろうか。

手打ちパスタは、ボローニャ風牛肉のラグーソース“タリオリーニ”。
(次の一枚は携帯電話内蔵カメラで撮影)
090925_132650.jpg
タリオリーニはコシがあまりないものに遭遇することが多いが、こちらはしっかりと歯ごたえがあり、◎
02_ボローニャ風牛肉のラグーソース“タリオリーニ”.jpg
ラグーソースは、牛肉の旨味に加えて野菜の出汁がよく出ており、味わい深い。
パスタとの絡みもよい。
ソースには、しめじやイタリアンパセリも入っており、上からパルミジャーノ(かな?)が少しかかっている。
03_ボローニャ風牛肉のラグーソース“タリオリーニ”.jpg

オプションでデザートを追加することに。
一種類のみで、本日はティラミス。
04_ティラミス.jpg
お皿のティラミスの周りには、ラズベリーベースの酸味のあるソース。
ラズベリーとブルーベリーも一つずつ添えられていた。
(次の一枚は携帯電話内蔵カメラで撮影)
03_HP_ティラミス.jpg
ティラミスは、甘さ控えめで大人の味付け。
さらっといただける。
05_紅茶.jpg
ランチタイムが終了に近づいているため、ホットミルクティーでささっと〆る。






VINORIO Est@銀座・東銀座
ランチセット(限定手打ちパスタ):¥1,500-
デザート:¥300-

ちなみにこちらのお店、Enoteca NORIO グループである。

Enoteca NORIO@四谷
Enoteca NORIO Viola@代官山
VINORIO@銀座
Vinorio Est@銀座・東銀座

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年03月23日

喫茶 YOU:オムライス@銀座四丁目

喫茶店なのに、オムライスで有名なあのお店へ。

場所は歌舞伎座のすぐ傍で、地下鉄だと東銀座駅が最寄り。
客先での打ち合わせからタクシーでオフィスまで戻り、すぐに出発。
11:30に入店した時点では比較的空いていたが、12時くらいには満席。

ランチメニューはナポリタン、野菜カレーなど、4種類ほどあるのだが、
ほとんど全てのお客様がオムライスを注文する。

ワタシも迷うことなくオムライスを大盛りで頼んだのだが、10分もしない
うちに出てきた。
(↓この写真のみ、携帯電話内蔵カメラで撮影)
070323_113557.jpg

オムラーとしては当然食欲全開なのだが、その見た目の美しさに、しばし
見とれる。
01_オムライス.jpg
焼き色も傷も全くない、滑らかな玉子の表面。
02_オムライス.jpg
スプーンを用いてプルプルふわふわ玉子を切り開くと、ワタシ的に絶妙の
半熟加減。
03_オムライス.jpg


04_オムライス.jpg


05_オムライス.jpg


シンプルなケチャップライスと共に口へ運んでゆく。
06_オムライス.jpg
美味。

クリーミーかつコクのある半熟玉子は、生クリームとバターによるものであろう。
当然、玉子も厳選されているとは思うが。

よく特製ソースをうりにしたオムライスにお目にかかるが、こちらのソース
はケチャップのみ。

それで十分、というか、玉子を味わうために敢えてそうしているのでは
ないかと思われる。


食後は、ホットコーヒーを。
07_ホットコーヒー.jpg
こちらのコーヒーに付くミルクは、よくあるフレッシュではなく、オムライス
の玉子に入っていると思われる生クリーム。
08_生クリーム.jpg
これをたっぷりコーヒーに入れていただく。

美味。








喫茶 YOU@銀座四丁目・銀座(東銀座)
オムライス(ドリンク代込み):¥1,000-
大盛り:+¥200-

過去の記事と比べると、微妙に値段が変化している。。
 ・2006年2月10日
 ・2007年1月9日

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年03月19日

手打ち蕎麦 成富:季節のそば(山菜天せいろ)@銀座八丁目

近場でサクッと、でも美味しいものをということで、蕎麦好きの間では
有名なあのお店へ。

こちらのご主人の成富雅明さんは、元ゴルフ雑誌編集者。
脱サラして、ほそ川@両国で修行された後、独立されたそう。

東銀座・木挽町の料亭街近くで、メゾン・ド・アサカワのすぐ蕎麦。

店内は四掛けテーブルが3つと、カウンター席が4つほど。
かなりこじんまりとした店内である。
01_店内.jpg

お蕎麦は日替わりで三つの産地の中から二つが扱われるようだ。
表の看板には、茨城産と長野産とあった。

同僚は、温かい「ごぼうのかき揚げそば」。
ごぼうの香りが食欲をそそる。
02_ごぼうのかき揚げそば.jpg
青森産の「泥ごぼう」だそう。

これをかけて食べていた。
03_やげん堀.jpg

ワタシが注文したのは、季節のそば「山菜天せいろ」。
茨城産とのこと。
04_季節のそば・山菜天せいろ.jpg
蕎麦の豊かな香りがふわっと漂う。

05_季節のそば・山菜天せいろ.jpg
まずは、つゆを浸けずにそのままいただく。
コシがありつつも、喉越し滑らか。

美味。

続いて、つゆを一口。
鰹出汁を効かせており、濃すぎず、甘さ控えめ。
06_季節のそば・山菜天せいろ.jpg
これに蕎麦を少しだけ浸けて、ズズッといただく。

山菜は、ふきのとう、たらの芽、のびる、こごみ、うるい、行者にんにく。
07_ふきのとう・たらの芽・のびる・こごみ・うるい・行者にんにく.jpg
それぞれ少しお塩をつけていただく。
行者にんにくとうるいがヒットかな。
08_ふきのとう・たらの芽・のびる・こごみ・うるい・行者にんにく.jpg
サックサクの天麩羅はいずれも○
09_ふきのとう・たらの芽・のびる・こごみ・うるい・行者にんにく.jpg

〆は当然そば湯。
10_そば湯.jpg
今まで見たことのない豆乳のような、とろりとしたそば湯。
こちらのそば湯は、茹で汁ではなく、そば粉を溶いて濃いめの作ったもの
らしい。

これをつゆと混ぜると絶妙。

美味。

一気に飲み干してしまった。
これでもう少し量があれば、リピート必死なのだが(^^;

ランチからの帰り際、一本の桜の木が早くも咲いていた。
11_桜.jpg

春ですね。

既に何人かの友人が旅立ちましたが、4月までにまだ何人かが旅立つ予定。

みんなそれぞれの道で、頑張ってほしい。






手打ち蕎麦 成富@銀座八丁目・築地市場(東銀座)
季節のそば「山菜天せいろ」:¥1,600-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年03月16日

メゾン ド アサカワ:本日の煮魚の三段弁当(子持ち鰈の煮付け)@銀座七丁目

東銀座で和食ランチといえば、そう、あのお店。

訪れた回数は断トツ一位で、今日で六度目。

 1.)銀鰈の西京焼き
 2.)コレナイ豚の生姜焼き
 3.)鯖の味噌煮
 4.)銀鰈の西京焼き
 5.)鯛茶漬け

2,3,5は、いずれアップ予定。

今回は、限定20食「本日の煮魚の三段弁当」(子持ち鰈の煮付け)を注文。
本当は西京焼きにしたかったのだが、敢えて新たなメニューに挑戦。

01_サラダ.jpg
いつものサラダをさらりと美味しくいただくと、三段弁当が登場。
02_本日の煮魚の三段弁当.jpg
一段目は、ふっくら柔らかご飯、豚肉の旨味が効いた豚汁。
小鉢は、定番のひじきの煮物と切り干し大根。
06_ご飯・豚汁・ひじきの煮物・切り干し大根.jpg

二段目が、メインの子持ち鰈の煮付け。
070316_114710.jpg
(↑この写真は携帯電話内蔵カメラで撮影)

03_鰈の煮付け.jpg
鰈はかなりしっかりと煮付けられている。
煮汁はワタシ的には濃いめに感じた。
料亭式の鰈の煮付けは、こういうものだろうか。
鰈自体にしっかりと味が染みているため、ご飯には合うと思う。
が、鰈の煮付けは、煮付けない方が私は好きだ。
04_カレイの煮付け.jpg
火を通す時間を最小限にすれば、鰈の身はふっくらふわふわ。
独特の食感を楽しめる。

食べる分だけ、はらりと身を取り、それをしっかりと煮汁に浸してから
口へ運べば、食感と煮汁の両方を損なうことはない。

いや、十分、普通に美味しいんだけどね。
好きなお店だから、実力のあるお店だからこそ、より上を求めてしまう。
こちらの煮付けが正統派かもしれないんだけど、そういう煮付けの楽しみ
方もあるという、プチ情報でした。

もとい。

付け合わせの茄子がこれまた美味しい。

三段目は、筍、コンニャク、オクラ。
05_筍・こんにゃく・オクラ.jpg
コンニャクにはしっかりと味が染みており、美味。
今日は、コンニャクがヒット。

〆は、カフェ・オレでホッと一息。
07_カフェ・オレ.jpg







Maison d'Asakawa(メゾン・ド・アサカワ)@銀座七丁目・東銀座(築地市場)
本日の煮魚の三段弁当(子持ち鰈の煮付け):¥1,280-
ご飯のおかわり自由

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年03月15日

筑紫楼:芙蓉蟹(蟹卵の甘酢ソースかけ)@銀座

本日の候補店は、中華料理と握り寿司。

北海道から支援に来ている同僚が、北海道以外ではお寿司を食べたくない
とのことで、中華料理に決定。

ふかひれで有名なあのお店へ。

店内を一言で表現すると、「ゴージャス!」かな。
01_店内.jpg
エントランスを抜け、私たちが案内されたテーブルは半個室となっており、
そこからメインスペースを覗くと、壁には竜の絵が。
天井も非常に高く、テーブル間隔もゆったり。

勤務中だということを一瞬忘れそうになる。

ランチメニューは、以下の通り

<ランチセット 月〜金> 11:30〜14:30(L.O.)
  A. ¥ 1,200
  B. ¥ 1,500
  C. ¥ 1,800

<特製ふかひれ姿煮込みセット ¥2.800>毎日11:30〜16:30(L.O.)
  1. 筑紫樓特製ふかひれ姿煮込み
  2. 大正海老とフルーツのマヨネーズかけ
  3. 中国野菜の蟹ソースかけ
  4. 香港飲茶
  5. スープ
  6. 漬物
  7. 御飯
  8. デザート

<ランチコース ¥5,500>毎日11:30〜16:30(L.O.)
  1. 特製釜焼きチャーシュー
  2. 飲茶三種
  3. ふかひれ蟹卵入りスープ
  4. 海の幸と季節野菜の炒め
  5. 北京ダック
  6. 牛肉 葱・生姜土鍋煮
  7. X ・O チャーハン
  8. 杏仁豆腐

迷うことなく、Aをオーダー・笑
02_カトラリー.jpg
最初に出てきたスープは、溶き卵。
04_溶き卵のスープ.jpg
鶏ガラベースの上品なお味で◎
温かいスープで心が和む。

続いて出てきたのは、鶏肉を使った一品。
05_鶏肉の揚げ物.jpg
紫蘇と梅肉を鶏肉で挟み、それをカリっと揚げている。
下には、サラサラで苦味が全く感じられない玉ねぎのスライス。
上には、パクチーと小さくカットされたグレープフルーツのスライス。
06_鶏肉の揚げ物.jpg
油を使った料理なのだが、非常にさっぱりと、酸味と共にいただけた。

三品目でやっとメインが登場。
本日のAセットは、「芙蓉蟹(蟹卵の甘酢ソースかけ)」。
070315_115328.jpg

甘酢あんのソースは、気持ちケチャップの入れすぎかな。
でも、あっさり蟹卵にはちょうど良い。
07_蟹卵の甘酢あんかけ.jpg
08_蟹卵の甘酢あんかけ.jpg
中には、シャキシャキの筍や椎茸、そして当然蟹が入っており、卵好き
としては、嬉しい限りの一品。
09_蟹卵の甘酢あんかけ.jpg

ちなみに、ご飯はお櫃サービス。
03_ご飯のお櫃.jpg
茶碗が小さいこともあり、3杯いただいた。
10_漬物.jpg

ポットサービスのジャスミンティーもありがたい。

12時過ぎた時点で、エントランスには10名ほどのウェイティング。
銀座の真ん中でこのお値段でこのお味、混んで当然。
ランチされる時は、お早めに。






筑紫楼 銀座店@銀座七丁目・銀座(新橋)
Aセット「芙蓉蟹(蟹卵の甘酢ソースかけ)」:¥1,200-
ご飯おかわり自由

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年03月13日

トラットリア アッラ マーノ:フェデリーニ生ハムとアスパラ@銀座七丁目

同僚があまり時間がないということで、近場のイタリアンへ。

ランチメニューは、日替わりでパスタが三種類(トマトソース、オイルソース、クリームソース)のみ。

「フェデリーニ 生ハムとアスパラ」をオーダー。

さて、名物前菜取り放題へ!
(下記の一枚のみ、携帯電話内蔵カメラで撮影)
070313_113756.jpg

白葱としめじを焦げる手前までグリルしたもの、オムレツ、レタス、茹でて
ソテーしたニンジンとブロッコリー、筍入りピラフ、マッシュポテト、
サツマイモに生クリームを絡め、アーモンドスライスをまぶしたもの

お皿には乗り切らなかったが、他にも二種類ほどあり。
01_アンティパスト・ミスト.jpg
個人的には、ポテトとサツマイモがお気に入り。
02_アンティパスト・ミストのアップ.jpg

生ハムとアスパラガスのフェデリーニは、みじん切りにしたにんにくと、
カリカリに炒めた生ハムの香りが混ざり合い、○
04_フェデリーニ 生ハムとアスパラ.jpg
フェデリーニ自体はアルデンテで食感がほどよい。
03_バケット.jpg
他にパンが二種類付く。

食後は、ホットミルクティーでくつろぎの一時。
06_ロイヤルミルクティー.jpg
ちなみに、今日も「ホットミルクティー」オーダー実験をしたのだが、
ロイヤルミルクティーで出て来た!

なるほど〜。
また他のお店でも試してみようっと。






TRATTORIA ALLA MANO(トラットリア アッラ マーノ)@銀座七丁目・東銀座(築地市場)
日替わりランチ:¥1,050-
ドリンク:¥250-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年03月12日

札幌 成吉思汗 やまじん:ジンギスカン食べ放題@銀座四丁目

歌舞伎座近くのジンギスカンのお店へ。

月〜土のランチタイム(11:00〜13:00)限定で、45分間食べ放題。
ラム、野菜(玉葱、もやし)、ワカメスープ、ご飯のセットで、全ておかわり自由。
これにワンドリンクが付く。
(下記の一枚のみ携帯電話内蔵カメラで撮影)
070312_114355.jpg

見慣れたよくあるジンギスカンの鉄板とは違い、真ん中だけ盛り上がった
鉄板を囲むお堀のようなスペースに昆布出汁入りのお湯を注ぐ。
そのお湯が沸騰したところへ、野菜を入れていただく。
04_ジンギスカン.jpg
ラムは、最初からこれでもかってほどのボリュームが盛られ(写真は四人分)
かなりガッツリ。
02_四人分のラム、もやし、玉ねぎ.jpg

おかわり不要だった。。
ご飯、スープ、野菜のみおかわりした。
01_スープ.jpg
スープは普通に美味しい。

03_ラム.jpg
肉質は柔らかく、臭みはなし。
タレのお味も○
05_ジンギスカン.jpg
06_ジンギスカン.jpg
独特の構造の鍋のお陰か、油の飛び散り具合は、おとなしめだが、煙を
吸引する設備がないのと、紙製前掛けがないため、臭いが付くのを嫌う人は来なさそう。
(上着を入れるボックスはあった。)

ランチタイムというのにかなり空いてた。。

C/Pはいいのにな。
もったいない。





札幌 成吉思汗 やまじん 銀座総本店@銀座四丁目・東銀座(銀座)
食べ放題(男性):¥1,300-
食べ放題(女性):¥1,000-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年03月07日

銀座 桃花源:麻婆豆腐@銀座八丁目

銀座線新橋駅から徒歩5分。
久々に、銀座三井アーバンホテル内にある四川料理
のお店へ。
11:40に入店した時点では、先客は2,3組ほど。

週替わりランチメニューは六種類。
三人でシェアすることにし、異なるメニューを注文。
まずは、セットのスープ
メニューには、酥肉上湯(豚肉のスープ)と書かれていた。
01_酥肉上湯(豚肉のスープ).jpg
あっさりとしたお出汁には、昆布入り。
具材は、小さな豚肉を揚げたものと、冬瓜、大根。

続いて、糖醋肉塊(魚の甘酢炒め)。
06_糖醋肉塊(魚の甘酢炒め).jpg
甘酢の香りが漂う。
07_糖醋肉塊(魚の甘酢炒め)のアップ.jpg
酢豚のような餡なのだが、ケチャップが多め。
白身魚は柔らか。

次が、青椒鶏丁(鶏肉とピーマンの炒め)。
04_青椒鶏丁(鶏肉とピーマンの炒め).jpg
鶏肉の食感とピーマンのシャキシャキ感の組み合わせが◎
05_青椒鶏丁(鶏肉とピーマンの炒め)のアップ.jpg
お醤油の風味に加え、程よく塩味が効いて、美味。
生姜もアクセントになり、ご飯がススムススム。
ビールのお供にも最適ですな。
今回は飲んでいないw

最後に、待ってましたの麻婆豆腐。
02_麻婆豆腐.jpg
同僚に、四川料理など辛いもの好きが一人いたので、辛さは加減せず、
そのままでお願いしていた。
香りからして、辛そう。
03_麻婆豆腐のアップ.jpg
口に含むと、「お、意外に平気かも。」と感じるが、これがじわじわ。
四川ですな(笑
私は辛いものがあまり得意ではないので、四川風麻婆豆腐をいただくのは
久々にだったが、思ったよりは問題なく食べられた。
どっちかというと、辛いカレーのが苦手なのかな。

れいによって、ご飯はガッツリおかわりした。

ちなみにこちらのお店、もとは熊本にあり、日本における四川料理の
祖・陳建民の下で修行した、斎藤シェフが腕を奮っている。
二号店となるここ銀座では、斎藤シェフに師事した石川シェフが総料理長を務める。

この日は12時を少し回った時点で、ほぼ満席の盛況ぶり。

そうそう、前回の訪問でいただいた「坦々麺」がこちらの人気メニューで、
ランチタイムも注文可能である。






銀座 桃花源@銀座八丁目 三井アーバンホテル 銀座 2F・新橋(銀座)
日替わりランチ「麻婆豆腐」:¥1,370-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年03月06日

メゾン ド アサカワ:銀鰈の西京焼きと出汁巻き玉子の三段弁当@銀座七丁目

午後の予定の都合により、近場で和食、かつ食後にドリンクが
飲めて、ゆっくりできるお店に絞り込み、第一候補のお店へ。

お店とランチメニューの詳細はこちらを参照していただくとして、
お気に入りの「銀鰈の西京焼きと出汁巻き玉子の三段弁当」を注文。
01_サラダ_青紫蘇ドレッシング.jpg
02_三段.jpg
03_銀鰈西京焼きと出汁巻き玉子の三段弁当.jpg

何度目かの来店から少しずつ感じていた変化がある。

 @まずは、サラダに入っていた、手づくりの美味なるツナが消えた。

 A席に着くなり、全てのメニューにデフォルトで付くサラダが出てくる
  ようになった。

 Bサラダにデフォルトで青紫蘇ドレッシングがかかっていた。

コスト削減&回転率UPのためだろうか。
銀座のこの場所で、このクオリティのものを提供していれば、利益率は
低くなると思われるから、やむを得ない選択なのだろうか。
前のお料理の内容を知っているものからすれば、ちょっと残念ではあるが…。

もとい。

お料理のお味は変わらない。
(次の一枚のみ、携帯電話内蔵カメラで撮影)
070306_120140.jpg

銀鰈の西京焼きは、相変わらずのぷりぷりほわっとした白身が美味。
04_銀鰈西京焼きと出汁巻き玉子.jpg
07_銀鰈西京焼きの白身.jpg
豚汁もいいお出汁が効いている。
06_ご飯、豚汁、ひじきの煮物、切り干し大根.jpg
ヒジキの煮物も、あっさりがんもどきも、ただでさえ美味しいご飯を
さらに美味しくする。
05_がんもどき、里芋、オクラ.jpg
当然、いつも通りにおかわりする。
08_ホットミルクティー.jpg
食後はこちらでは定番のカフェオレに代えて、ホットミルクティーをテイクアウトバージョンで。

テイクアウト用にすると、お店の出口でおかわりして持って帰ることができる。

ランチメニューにはドリンクをつけたいが、回転率を上げたい場合には
かなり有効な手段ですな。
メモメモ。







Maison d'Asakawa(メゾン・ド・アサカワ)@銀座七丁目・東銀座(築地市場、銀座)
銀鰈の西京焼きと出汁巻き玉子の三段弁当:¥1,280-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年03月05日

キッチン スギモト:松坂牛すき鍋@銀座六丁目

銀座のとあるデパートへ。
目指すは、創業明治三十三年の精肉屋さんのイートイン。

11:35に着くと、ウェイティングは5名。
待ってる間にどんどん人が増え、10名に。
01_カウンター.jpg
7席しかない上、ラーメンや丼もののように短時間で食べ終わらないため、
回転率は悪い。

待っている間にオーダーを取ってくださったので、「松坂牛すき鍋」を
ご飯大盛り(+50円)で注文。
ドリンクは、オレンジジュースか赤ワインから選べたので、昼間から飲む
ことに…w

やっとの思いで席に着いた時には、もう我慢も限界。
お肉の香りをおかずにご飯を食べられそうな状況。

02_松坂牛すき鍋_セット.jpg

登場した鍋を見て、三嶋亭@京都・大丸のイートインでいただいた
「すき焼き膳」を思い出す。
(次の一枚のみ、携帯電話内蔵カメラで撮影)
070305_122016.jpg

]03_松坂牛すき鍋.jpg
お肉は一切れがかなり大きく、予想よりは気持ちかためだが、一般的な
ものよりは十分柔らかい。
04_松坂牛.jpg
これを生卵にしっかりと浸してから、パクリ!
肉とタレと卵が混ざり合い、旨味が口の中にじゅわ〜と広がる。
05_卵の中の松坂牛.jpg
関西系のすき焼きよりも、若干甘さ控え目かな。
しかし、ボリュームを考えるとちょうどよいのでは。
06_ご飯大盛り.jpg
大盛りご飯(実際はぎゅぎゅうのテンコ盛り)がどんどんなくなってゆく。

お肉以外の、三ッ葉、玉葱、白葱、白滝もたっぷり入っており、かなり
幸せ〜。

セットのお味噌汁も普通に美味しいのだが、後回しw

赤ワインは、まぁこんなものかな。

生卵をおかわり(+50円)し、最後まできれいにいただきました。

満腹満足。







KITCHEN SUGIMOTO(キッチン・スギモト) 松坂屋 銀座店・イートイン@銀座六丁目 松坂屋 B1・銀座
松坂牛すき鍋:¥1,500-
ご飯大盛り:+¥50-
生卵おかわり:+¥50-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年03月02日

銀座 松玄 凛:松玄ご膳『花凛』@銀座七丁目

銀座七丁目、あの「」も入っているギンザグリーンの4階。

地下鉄銀座駅、新橋駅、JR新橋駅のいずれからも10分もかからない場所
にある。

以前、オーナー(or資本)が変わる前の2005年1月8日(土)に和服で
訪れたことのあるお店。
その頃は、友人が働いていた。

平日ランチ40食限定という情報を掴み、久々に訪れてみた。

ランチは、2000円以上の懐石系のコースのほか1000円のものが四種類。

 ・松玄ご膳『花凛』(かりん)
 ・ばらちらしランチ
 ・もりそばランチ
 ・かけそばランチ

迷うことなく、平日ランチ40食限定の花凛を注文。
「全14品、摂取品目30種類以上の素材、体に優しいこだわり。」
と、メニューには書かれている。

01_カウンター.jpg
カウンターに腰を落ち着け、ふと目をやると、「原了郭」の黒七味!
02_原了郭の黒七味.jpg
そこのあなた、京都に行かれた時のお土産にでもいかがですか?(笑

やってきた松玄ご膳は、二段重ね。
どこぞのランチを思い出す。
03_松玄ご膳_花凛_一段目.jpg
一段目は、ご飯、お味噌汁、天麩羅。
二段目が、、、すごい品数!
04_松玄ご膳_花凛_二段目.jpg
きんぴらごぼう、わかめサラダ(にんにくチップ、しらす入り)、
カツオのタタキ・ガスパチョソース、鶏肉のフリット、卵焼き、
サーモンのソテー、豆腐田楽、ジャガイモ、人参、蒟蒻の煮物、
茶碗蒸し
05_松玄ご膳_花凛_二段目.jpg
ピリ辛のきんぴらごぼう、ナゲットみたいな鶏肉のフリット、茶碗蒸し
あたりが結構気に入ったかな。
茶碗蒸しは百合根入りで、カツオ出汁が効いてて○
06_松玄ご膳_花凛_二段目.jpg
一段目の天麩羅は、茄子、獅子唐、ジャガイモのペーストを固めたもの?
お味噌汁は、お麩、わかめ、あおさ海苔が入っており、白味噌であっさり。

ご飯は、いつも通りおかわり。

特筆すべきものはそれほどないが、全体的にあっさりとした味付けで、
これだけの種類のものが食べられるのは、嬉しい限り。
栄養が偏り気味なサラリーマン、ちょこちょこいただくのが好きなOL向け
には、もってこいのメニューですな。
07_松玄ご膳_花凛.jpg
限定というやり方も、うまい。





銀座 松玄 凛@銀座七丁目・銀座(新橋)
松玄ご膳『花凛』:¥1,000-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年03月01日

アドリブ:adLib名物!スパイシーカレー&プティ デセール@銀座

メトロ銀座線新橋駅から徒歩5分。
2005年4月22日以来のお店へ。

フレンチの有名店「マノアール・ダスティン」が、よりカジュアルに
お料理を楽しんでいただきたいということで、店舗の地下に構えたお店。

ランチタイムのラストオーダー30分前(13:30)に電話をすると、既に
ハンバーグは売り切れとのこと…残念無念。
が、初志貫徹で訪れることに。

ランチメニューは、他に三種あり。

ワタシ「カレーは辛いですか?」
スタッフ「カレーですからf^_^;」

というような、謎の会話をした後、パスタと迷いつつも、
「adLib名物!スパイシーカレー&プティ デセール」を選ぶ。

ワタシ「ご飯を多めにしていただくことはできますか?」
スタッフ「結構多いので、普通盛りで十分かと。」

と言われ、普通盛りにした…。

01_豚肉のテリーヌ_サーモンのマリネ_温泉卵.jpg
豚肉のテリーヌ、サーモンのマリネ、温泉卵という組み合わせ。
これが意外にボリュームあり。

02_温泉卵.jpg
カレーと卵の組み合わせは、当然◎
この後の展開が読めるあなたは仲間だ!(笑

03_スパイシーカレー.jpg
ライスは人参やパセリの微塵切りと共に、しっかりと炒められている模様。
それはいいとして、、、ご飯、全然足りひんやん!
そんなに小食に見られたんかなぁ。

04_スパイシーカレー.jpg
気を取り直し、カレーを一口食べると、文字通りのスパイシーさ。
様々な香辛料が次々に舌を刺激する。

ただ、ヒリヒリするような辛さはなく、チャツネの甘みも効いているため、
なかなかバランスよく、味わい深い。

ご飯とカレーを均等にいただきながら、量が少なくなってきたところで、
温泉卵を投入し、黄身を割り出す。

ご飯、カレー、卵、この組み合わせが幸せ(^^)

さらりとカレーを食し、量が足りないと思っているところへ、自家製の
チーズケーキ。
05_プティ・デセール_自家製チーズケーキ.jpg
なかなか濃厚なお味。
結構一気にペロリといただく。

〆は、ホットミルクティーを飲みながら、しばし読書。
06_ホットミルクティー.jpg






adLib(アドリブ)@銀座八丁目・新橋(東銀座、築地市場)
adLib名物!スパイシーカレー&プティ デセール:¥1,155-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年02月27日

LINK DINING.IT:ランチセットA“かんぱちのカルパッチョ”@銀座七丁目

築地市場駅から銀座方面へ只管真っ直ぐ進み、昭和通を越えてさらに
進んで中央通に出る右手角のお店。(分かる人にしか分からない説明w)

銀座、新橋、いずれの駅からも徒歩5分はかかるかな。

地下への階段を下り、ドアを開けると、巨大なワインセラーが目に入る。
01_店内_ワインセラー.jpg
イタリアワインを中心に70種類ほどあるらしい。
店内は、シックで落ち着いた雰囲気。
(13:30を回っていたため、空いていた。)

ランチメニューは3種類。

 A 前菜+パスタ+ドリンク:1,200円
 B 前菜+メインディッシュ(魚 or 肉)+ドリンク:1,800円
 C 前菜+生パスタ+魚+肉+デザート+ドリンク:3,800円

それぞれ、前菜三種、パスタ三種、メイン二種から選ぶことができる。
前菜、パスタから好きなものを選び、Aでオーダー。

あらかじめテーブルに置かれていたグラスにお水を注いで下さったが、
全てRIEDELのグラスのようだ。
08_リーデルのワイングラス.jpg
デフォルトでついてくるバケットは、温めてられていた。
オリーブオイルを所望し、これにつけてサクっといただく。
02_バケット.jpg
前菜は、「本日魚介の前菜」の内容をうかがい、即決めしたのだが、
なぜかというと、私の好物である、かんぱちのカルパッチョだったから。
まさか、平日ランチでいただけるとは思ってもみなかった。
03_かんぱちのカルパッチョ_01.jpg
それなりに厚みのある、かんぱちが5,6切れ。
04_かんぱちのカルパッチョ_02.jpg
これにプチトマトと菜の花が添えられ、仕上げにオリーブオイル、塩、
イタリアンパセリがかかっている模様。
05_かんぱちのカルパッチョ_03.jpg
普通においしい。
オリーブオイルもまずまずのお味で、ランチとしては申し分の無い
カルパッチョ。
プチトマトもそこそこ甘く、柔らかく茹でられた菜の花も◎

前菜、堪能!

パスタは、海老とブロッコリーのトマトクリームスパゲティ。
06_海老とブロッコリーのトマトクリームスパゲッティ.jpg
これは普通のお味かな。
トマト系のソースに関しては、世間一般の方よりも私は厳しめかも
しれない。
普通においしいんだけど、、、前菜の印象が強すぎたのかも(笑

食後は、ホットミルクティーで読書の時間。
07_ホットミルクティー.jpg
ちなみにこのお店、(株)リンクアンドモチベーションの100%子会社
が運営している。
リンクアンドモチベーションといえば、数人の方に、2004年にイベントで
何度かお会いしているが、どなたも印象的な方だった。
子会社のリンクダイニングは、イタリアンのこのお店の他、ワインバー&
フレンチのお店も運営しているようだ。






LINK DINING.IT@銀座七丁目・銀座(新橋)
ランチセットA“かんぱちのカルパッチョ”:¥1,200-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年02月07日

トラットリア アッラ マーノ:サルシッチャとほうれん草のクリームソーススパゲティ@銀座七丁目

ワタクシ、何はさておきイタリアンが好きなんですよ。
というわけで、現在の勤務地周辺のイタリアンを開拓。

ちょっと出遅れて、お店に到着したのが12時少し前くらい。
すぐに座れたが、12時少し過ぎた時点で満席状態。
結構、人気あるな。

ちなみに場所は、メゾン・ド・アサカワの斜め向かい。

ランチメニューは日替わりパスタが三種類。
本日は、アラビアータ、水菜と??入りのペペロンチーノ、サルシッチェ
とほうれん草のクリームソーススパゲティ。
直感で、クリームソースを注文し、前菜を取りにゆく。

取り放題の前菜は、予想以上に充実しててちょっと驚いた。
01_前菜の盛り合わせ_ポテトサラダなど.jpg
私が自分のお皿に載せたのは、レタス、ポテトサラダ、サツマイモの
サラダ、オムレツ、白葱とシメジを使った一品、筍入りピラフ(?)、
あと、四角くカットされた謎の一品。

ポテトサラダが普通に美味しくて、アーモンドスライス入りのサツマイモ
のサラダと共にバクバク食した。
白葱とシメジは焦げるギリギリまでグリルされ、素材の甘みが引き出され
ている。
四角くカットされたものは、中がもち米のような食感で、謎。

前菜は、他にもう2,3品あったかな。
同僚達は気に入ったものを再度取りに行っていたが、既に行列が出来て
いた。

パンはフォカッチャとバゲット
02_フォカッチャ_バゲット.jpg
最初から、オリーブオイルと共に出てきた。
パンは特別モッチリ感もなく、普通かな。
ただ、少し温められていたのは嬉しかった。

サルシッチャとほうれん草のクリームソーススパゲティ
03_サルシッチャとほうれん草のクリームソーススパゲッティ.jpg
04_サルシッチャとほうれん草のクリームソーススパゲッティ.jpg
サルシッチャは自家製かな。
クリームソースがパスタと具材とよく絡み合い、なかなかのお味。
ぺろりと食べてしまった。

食後は、いつものホットミルクティーを。
05_紅茶.jpg
初めからミルクティーになっていたのに、ちょっと驚きつつも、しばし
まったり。

ちなみに、12時を少し回った頃から満席状態。
人気店だ。






TRATTORIA ALLA MANO(トラットリア・アッラ・マーノ)@銀座七丁目・東銀座(築地市場)
日替わりパスタ「サルシッチャとほうれん草のクリームソーススパゲティ」:¥1,050-
ドリンク:¥210-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年01月26日

Dynamic Kitchen & Bar 響:ランチバイキング@銀座七丁目

今日は和食の気分、かつハズしたくないので、夜ご飯で何度か訪れている
お店へ。

ここのランチバイキングは、銀座界隈では結構有名。
混むんだな、これが。(千円だしね)

日本橋勤務時代には、ちょっと敬遠していたが、今のオフィスからは
それほど遠くはないので、試しに行ってみることに。

ランチ参加メンバの都合もあり出発が10分遅れたのだが、11:40にお店に
着いた時には、既に6割以上席が埋まっており、お料理を取るために長蛇の
列が出来ていた。

ちなみに、開店は11:30のはず。
既に禁煙席は満席のため、喫煙席へ案内された。
席へ案内されてからお料理を一通り取り終えるまで、15分はかかったかな。

本日のメニューは、

 ・サラダ(レタスのみ)
 ・明太子しらたき
 ・春雨
 ・里芋のたいたん
 ・鶏肉のやいたん
 ・鯖の文化焼き
 ・牛肉と牛蒡の玉子とじ
 ・野菜(白葱、茄子、ピーマンなど)の天麩羅
 ・寄せ豆腐
 ・キャベツとベーコンの塩炒め
 ・赤ワインのゼリー
 ・おにぎり
 ・海苔二種類(焼き海苔、韓国海苔)

                      他、2,3品

席へ戻ると、お味噌汁が運ばれてくる。
具は油揚げのみだが、そこそこお出汁が効いていて美味しい。
牛肉と牛蒡の玉子とじ.jpg
今日のメニューでは、見た目の予想通り、「牛肉と牛蒡の玉子とじ」が
一番のお気に入り。
ご飯に合いますな。

おにぎりは欲張って(いつも通り?)、5個取ったけど、小さかったので
問題なく平らげる。
おにぎり.jpg
赤ワインのゼリーは、予想外にワインがたっぷりはいっており、お酒に
弱い人は酔うかも(笑
赤ワインのゼリー.jpg
食後の飲み物は、ホットコーヒーorアイスコーヒーが選べる。

結局、バイキングなのに二度目にお料理を取りに行くことはなかった。
銀座でランチタイムということもあり、付近のOLやご近所マダム達が
わっしわっしとやってきた。
12:30頃にはすっかり客足は引いてたけど。

バイキングって、やっぱり女性に人気だね。
でも、これだけ混むならちょっと考えもの。

忙しい仕事の合間をぬってのランチ、のんびり食べて、リフレッシュする
ことが、私にとっては重要なのだ。

ちなみにこのお店、夜のがおすすめです。
ふんわりとした出汁巻き玉子をお試しくださいませ。
七丁目店の他、銀座三丁目店もあります。






Dynamic Kitchen & Bar 響 銀座7丁目店@銀座七丁目・銀座(新橋)
ランチバイキング:¥1,000-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年01月25日

銀座 香季庵:ホワイトビーフストロガノフ@銀座八丁目

随分前からちょくちょく葉書が届いていたので、気にはなっていたの
だが、やっと訪れることができた。

初めて訪れたのは2年半ほど前のこと。
一日限定4食のアボカドの茶碗蒸しを特別に6食分予約してもらって行った
日のことを、今でもはっきりと覚えている。

当時、徐々にお客さんが増えてきていることは伺っていたし、
しばらく経ってからランチを始められたことも知っていた。

とはいえ、20席ほどのお店をご夫婦二人三脚で回し、約三年で同じ銀座に
2階建ての二号店を構えるに到ったとは、正直おどろいたけど、すごく、
すごく嬉しい。

二号店のシェフはご主人を含めた四人体制となり、一号店は別のシェフに
任されている。

今日、ランチタイムにふらっと行ってみた。

席へ着いてメニューを眺めていると、見覚えのある顔が。

接客担当の奥様だ。
お店を始める前は、日本橋の某社で営業をされていたらしいのだが、
その経験を活かされてか、接客がすばらしいのだ。
いや、これは経験だけによるものではなく、天性のものだと思う。
作り上げたおもてなし精神では、到底真似出来ない。
好きだからこそ滲み出る、そのお人柄。

ランチメニューから、「週替わりシェフ バトルランチセット」と題した日替わりメニューを選ぶ。
今日は、「ホワイトビーフストロガノフ」。

まずはサラダ。
一号店と同じ味。
ここのドレッシングはかなりのお気に入り。
濃すぎず薄すぎず、さっぱりといただける。

スープは、控え目なコンソメベース。
コンソメの味を抑えた分、椎茸や玉葱、人参などの野菜の旨味が感じ
られる。
ベーコンも入っていたな。
070125_120148.jpg
ホワイトビーフストロガノフは、生クリーム入りなのか、あっさりかつ
クリーミーな仕上がり。
柔らかく炊き上げられた五穀米との相性も◎。

デザートには、定番の林檎の杏仁豆腐。
相変わらず美味しい。

〆はホットコーヒーでまったり。

ちなみに、こちらの新店舗では、アボカドの茶碗蒸しはないとのこと。
昔ながらの常連さんは今も一号店にいらっしゃる方が多いようだ。
お二人に、一号店も二号店も両方いらしてくださいねと言われた(^^)

また、来ま〜す♪



和風特製カレーの記事 その1 その2

ウニボナーラの記事。







銀座 香季庵@銀座八丁目・築地市場(東銀座、新橋、銀座)
ホワイトビーフストロガノフ:¥980-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年01月17日

銀座 にし邑:ゆず味噌ヒレかつ膳@銀座三丁目

昨年の4月以来の来店。
そして、久々のとんかつ。

打ち合わせの都合で、お店に着いたのが12時過ぎ。
この時点で、ウェイティングが15名ほど。
他のお店も考えたが、この時間、付近の美味しいお店はどこも行列なので、
腹をくくり並ぶことに。
ちなみに、待っている間に注文はきいてくれる。

待つこと約20分。
同僚と共にカウンターに座り、ほどなく料理が出てくる。

注文したのは、「ゆず味噌ヒレかつ膳」。
ゆず味噌ヒレかつ膳_全体.jpg
陶板でゆず味噌を焼き、その上に揚げたてのとんかつがのせられ、
じゅーじゅーと煮え立っている。
ゆず味噌ヒレかつ膳.jpg
サクサクの衣をゆず味噌に浸していだだく。

予想通り、あっつあつでサックサク。
猫舌の人には辛いね、これ。
ヒレかつ.jpg
柔らかいお肉。
ゆず味噌のほどよい酸味で、サラリと平らげる。

千切りキャベツはシャキシャキでかなりのボリューム。

豚汁は、酒粕入りで旨みたっぷり。
(前回より、酒粕が多く、濃い味となっていた)
豚汁.jpg
写真では具はあまり見えないが、中には豚肉、大根、牛蒡などがゴロゴロ。

【注意】豚汁はかなり熱いので、特に猫舌の方はお気をつけください。


ちなみに、私は大の豚汁好き。
豚汁さえあれば、ご飯のおかずとしては十分満足。
自宅で作るときは、サツマイモが欠かせない。
甘くて美味しいんだな、これが。


男性用のご飯は大盛り。
時間もなくお腹も結構いい感じなので、おかわりなし。

詳細レポートは、前回を参照のこと。






銀座 にし邑@銀座三丁目・東銀座(銀座)
ゆず味噌ヒレかつ膳:¥1,200-
ご飯のおかわりは、一回まで無料

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年01月15日

メゾン ド アサカワ:銀鰈の西京焼きと出汁巻玉子の三段弁当@銀座七丁目・東銀座

銀座にある、一日三組限定の料亭。
二年ほど前、懐石料理の作法を教わりながら、女将さんと一緒にお料理を
いただいたお店。
気になっていたその料亭の隣にある姉妹店を、やっと訪れることに。

入り口は1階だが、食事スペースは2階となっている。
玄関へ入ってすぐに階段を上がると、大きなワインセラーがお出迎え。
お店に着いたのは11:50くらいだったのだが、すでに何組もお客さんが
いらっしゃった。

店内はテーブルと椅子というスタイルなのだが、茶色の椅子や暖かみの
感じられる照明のせいか、なんだか和の落ち着きを感じる。
とても、私の好みの雰囲気。

ランチメニューは、7種類。
いずれのメニューも気になったのだが、今回は「銀鰈の西京焼きと出汁巻玉子の三段弁当」を選ぶ。


1.)サラダ
01_サラダ_ごまドレッシング.jpg
レタス、クレソン、とうもろこし、ツナ入り。
ごまドレッシングで、さらりといただく。

2.)三段弁当
02_昼の献立.jpg
逆ピラミッド状態にちょっと驚く。
バラすとこんな感じ。
03_三段.jpg

3.)先付:薇信田煮、きんぴら
05_先付:薇信田煮・きんぴら・ご飯・豚汁.jpg
先付をいただく前に、ご飯を一口。
ふっくらとしていて、美味。
信田煮ときんぴらで、ご飯がススム。

豚汁は、野菜と豚肉の旨みが効いており、美味。
豚肉もやわらか〜。

4.)煮物:栗南瓜、高野豆腐、オクラ
06_煮物:栗南瓜・高野豆腐・オクラ.jpg
ホクホク柔らかの栗南瓜。
すうっと体にしみこんでくるような、優しい甘みが素晴らしい。
「これぞ煮物!」といった感じ。

高野豆腐もあっさり味で○


ふと、女将さんを見付け、声をかける。
あの反応だと、覚えていてくれていたかどうかは微妙かな(笑


5.)銀鰈の西京焼と出汁巻玉子
04_銀鰈の西京焼と出汁巻玉子.jpg
出汁巻玉子は、結構あっさり味。
出汁は控えめに、塩で決めている感じ。
本当は出汁は濃いのが好きなのだが、なんか、バランスがいいんだよね。

銀鰈は、身は柔らかいんだけど、食べ応えがあり、ご飯がススム。
食感といい、味の濃さといい、参りました。
こういう西京焼を食べたのは久しぶり。


幸せランチでした。

料亭の姉妹店なだけに、当然のことながら和食の基本はしっかりと抑えている。
お出汁や塩加減などの味付けや、火の通し具合など、どれもこれも絶妙。
期間限定の築地勤務だから余計にだが、最低、週に一度は通いたい。

食後は、カフェオレでくつろぎの一時。
07_カフェオレ.jpg







Maison d' Asakawa(メゾン・ド・アサカワ)@銀座七丁目・東銀座(銀座)
銀鰈の西京焼きと出汁巻玉子の三段弁当:¥1,280-
ご飯、おかわり自由

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年01月11日

ARCO・IRIS(アルコ イリス):モッツァレラチーズとボローニャ風ミートソースのスパゲティ@銀座四丁目

天気の良い日は、遠出してのんびりランチ。
ということで、昨日に引き続き、東銀座へ。

11:30にお店に着くと、当然ノーゲスト。

白を基調にした落ち着いた内装。
きちんとした、それでいて堅苦しくない感じのよい接客。
ピカピカのフォークとスプーン。

ランチメニューから、パスタランチを選ぶ。
他には、結構いいお値段しているコースメニューあり。

●アルコ・イリス特製飲むサラダ(自家製野菜ジュース)
01_アルコ・イリス特製飲むサラダ_自家製野菜ジュース.jpg
いただいた感じでは、セロリ、ニンジン、りんごなどが入っているようだ。
ひんやりかつサッパリで、優しく喉を潤すと共に、適度に食欲を刺激する。

●南瓜のポタージュ
02_南瓜のポタージュ.jpg
人肌の温度で、とても落ち着く。
シンプルな南瓜の味は柔らかい甘さ。
美味しい。

●モッツァレラチーズとボローニャ風ミートソースのスパゲティ
03_モッツァレラチーズとボローニャ風ミートソースのスパゲティ.jpg
牛肉の香りと共に運ばれ、食欲を刺激する。
とろーりと溶けたモッツァレラチーズが◎

パスタはしっかりアルデンテ。
かなりコシがあり、しかもそれが持続している。
このパスタに、粗微塵に切られた牛肉と溶けたチーズがよく絡み、美味。

ただ、牛肉自体に塩がよく効いており、人によっては辛めに感じるかも。
(私は問題なかったが)

ニンジンやトマトの野菜に混じって、イタリアンパセリがほどよい
アクセントに。

●パンプディング キャラメルソースかけ
04_パンプディング_キャラメルソースかけ.jpg
甘いもの好きのワタシテキには、ちょうどよい甘さ。
しっとり柔らかでジューシーなパンプディング。
キャラメルソース好きなので、余計に美味しい。

05_紅茶.jpg
食後は、ホットミルクティーでまったり。
同僚が選んだコーヒーは、その場で豆から挽いてくださった。
ちなみにメニューには、有機栽培珈琲とも。

このお店、かなり気に入りました。
銀座の真ん中で、このC/Pとは・・・。
また来ようっと。







GINZA MEDITERRANEAN RESTAURANTE ARCO・IRIS(地中海レストラン アルコ・イリス 銀座店)@銀座四丁目・銀座(東銀座)
パスタランチ:¥1,260-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)
2007年01月09日

喫茶 YOU:オムライス@銀座四丁目

日本橋勤務時代に訪れて以来、久々のお店へ。

着いたのは11:35くらい。
年明けのせいか、意外に混んでいない。

ナポリタンなどもあるが、迷うことなく「オムライス」を大盛りで注文。
ついでにドリンクもつける。

10分ほどで、オムライスが登場。
オムライス_01.jpg
ぷるぷるの玉子をスプーンで両側にそおっと開き分ける。
オムライス_02.jpg
玉子は絶妙の半熟加減。
オムライス_03.jpg
ふんわりとした食感が、口の中にじゅわーっと広がる。
玉子は生クリーム入りで、バターと混ざり合ってか、かなりのコクがある。
ケチャップはほんの少しつけるだけで十分だ。
中のケチャップライスは具が玉ねぎのみのシンプルなものだが、全く
問題はない。
べちゃっとすることもなく、またパサつくこともなく、ちょうどよい。
普通といば普通だが、それ以上は必要ない。
あくまで脇役に徹している。

しっかりと味のついた、主役の半熟玉子を思う存分堪能できる。

じっくり味わって食べることを意識したつもりだが、結構あっという間に
食べ終わってしまった(^^;

美味。

食後は、ホットミルクティーでまったり。

同僚が頼んだホットコーヒーには、小さな器に入ったクリームがついて
きたのだが、もしかしてこれがオムライスに入っていたのか!?
生クリーム.jpg
一口食べてみたのだが、結構、濃い。
これをオムライスに入れているような気がする。

ちなみに、ソースと中のライスを除いた玉子に関しては、私の中では
ここが一番のお気に入り。

帰り際、12:20の時点ではウェイティング10名。
やはり人気は続いているようだ。

また、チャンスがあれば来ようっと。








喫茶 YOU@銀座四丁目・銀座(東銀座)
オムライス:¥800-
大盛り:+¥200-
紅茶:¥100-

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
五種類それぞれ、一日一クリックのご協力、よろしくお願いいたします。
    ↓       ↓       ↓        ↓        ↓
人気blogランキングブログランキングネットブログランキングにほんブログ村 グルメブログFC2 Blog Ranking

お気に入りに追加(ブックマーク)

アクセスランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。